teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


読売新聞の犯罪性

 投稿者:吟遊視人  投稿日:2017年 6月21日(水)21時10分23秒
返信・引用
  今度引っ越したマンションは一階がホテル並みの広々としたロビーになっていて大手の新聞やスポーツ紙が置いてある。それで大手の新聞がこんどの国会で大きな課題となった「共謀罪法案」やアベゾーとのかかわりを問題視した加計学園や森友学園問題についてどういう報道をしてきたか、時々読んでみていた。

もう今更、言うこともないが、大手の中では読売新聞がますます政府の広報機関みたいに堕落した論調が際立っていた。ジャーナリストの本分も矜持のかけらもないこのような新聞は、当然と言えば当然だが、共謀罪法や加計や森友問題の論点を、またアベゾーの係わりのある本質的な問題を、まったく深く論じていなかった。
論じていないどころか、加計学園問題で文科省の前事務次官・前川さんの重大な告発を無視して、彼が新宿の風俗へ足を運んだことがあると、デカデカと書いて、「こういうことを言う人間は信用ならん」といった感じで、個人攻撃までやっていた。

あのアベゾーの親友・作家の百田尚治が、以前に「沖縄の二紙、琉球新報と沖縄タイムズは政府の政策にことごとく反対している。あんな新聞社は沖縄の人たちに多大の影響を及ぼす危険があるので、早急につぶさなければならない」と講演したのに似せて言えば、「自称1000万部の購読者を誇る読売新聞は、日本人の政治意識と思考能力の劣化に多大の影響を与えている。こんな新聞社はただちに潰さなければならない」と言いたくなるものだ。

とにかく読売の記事への批判を一つ一つあげればきりがないが、共謀罪法が成立した16日の朝刊では「テロ防止法成立」と一面にデカデカと載せていた。あたかもテロを防止し、国民のためになるような見出しである。
他の大手すべては「共謀罪法、強行採決」というような見出しであったが、これは予算委員会で(通常行われる)採決や議論までも省いて、本会議で突然強行採決してしまったのを、他の新聞は経過を述べながら、詳しく怒りを持って報道をしていたというのにだ。

野党が要求していた延長国会を与党が認めなかったのは、(強行採決をしてまで国会を閉じたかったのは)、少々の国民の批判よりもアベゾーが関連した加計学園や森友学園問題を延長国会でさらに問題にされたくなかったことによる。臭いモノには早くフタをしめたかったのだ。
かって「良識の府」といわれた参議院は昔の面影は、今は全くない。政治の最高機関で政府とは独立しているはずの国会でさえ、アベゾー一人の意向だけが通る不条理な場に堕落してしまった。
かって反対の多かった「特定秘密法」や「安保法制関連法」などでも一時的な支持率は下がっても、また盛り返せたことがアベゾーのオツムにあったのだろう。行政(政府)と国会はまったく独立している機関である。会圧倒的多数を誇る自民党など与党は、国会では与党らしく堂々と受けて立てばいいのである。アベゾーの小心者であることがいみじくも明らかになっていた。

そういえば国会軽視と批判されたアベゾーの国会での発言もあった。「憲法改正」について質問されたアベゾーは「私の考えは読売新聞に詳しく載っている。それを熟読してほしい」と言ったのだ。一民間新聞にのった記事を国権の最高機関である国会で、自分の答えを省くとは、なんたることだろう。アベゾーのオツムの弱さの象徴的なできごとだった。
ここでもアベゾーと読売新聞の相思相愛の関係を自ら暴露したことになる。

先日会った友人は沖縄・辺野古へ基地移転反対運動に時々行っている非常に過激でリベラルな人物である。私が現代のマスメディア批判の中で読売をぼろくそに批判したら、「実は俺も読売を取っているよ」と言ったので驚いたが、その理由を尋ねると「俺は昔から新聞には不信感をもっていて、特に政治面ではどの新聞だってまともに読んでいなかったし、信用もしていなかった。だから新聞はどこでもいいわけだが、読売は毎月洗剤やチケットをよくくれるし、文化面では面白いことを時々載せているからね。政治面はタイトルだけしか読んだことがない」と言っていた。
そういえば我々の同期生も読売を読んでいる方々が多いみたいだが、その理由と読後感をぜひ聞いてみたいという気がする。
やはり先の友人みたいに「洗剤やテッシュやジャイアンツのチケットをもらえるから」だけが理由なのだろうか。

 
 

ぼけない方法

 投稿者:吟遊視人  投稿日:2017年 6月20日(火)20時30分14秒
返信・引用
  O-chanの投稿を参考にして、私ものりちゃんとヒマジンさんのぼけない方法をチェックしてみました。
ヒマジンさんの小唄の一番から6番までは5番がどうかなと思う程度で、ほぼ当てはまらないと自賛しています。
のりちゃんのは〇が7つ、×がひとつ、△が二つでしょうか。
ただ現在は腰痛に悩まされていて、極力外出を控えていますので、この先はどうなるか不安ですね。

私は呆けないためには、頭を使うことだと思っています。その点、麻雀は頭の体操にはもってこいのゲームではないかと。MB会が10年以上も続いていることは、我々の年齢では(座りっぱなしは良くないけれど)ぼけないためにはとってもいい集まりではないかな。酒も飲めるし、食事も素晴らしいし、下ネタのエロっぽい話も盛り上がるしね。

それと思うのは、私にとっては、何事にも疑ってみる視線や思考、それと理不尽なものへの「怒り」を持続させること。
その点、アベゾーが首相の椅子に座り続ける間は、彼への「怒り」と侮蔑が充満することだろうから、ぼけることは絶対にないでしょう。

今回の共謀罪法への対応や加計学園や森友学園へのかかわり方や言動だけからでも、この男の政治家としての欠陥のみならず、人格的な欠陥まで浮き彫りになっていました。今までは人柄までもとやかく言うのはためらっていましたが、今回のアベゾーのやり方や言動から、今後は遠慮なく品性の下劣さまで糾弾したいと思っています。

その手始めに、そろそろ、「アベゾ^のおそまつさ」のシリーズも再開しましょう。
 

私のボケ度診断

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 6月20日(火)11時07分38秒
返信・引用 編集済
  のりちゃんとひまじんさんが載せてくれた「ボケない人」十ヶ条と6番までの歌を自分に当てはめてみました。

 1.常に感謝し ゆとりのある人
人にしていただく事が多いので、感謝の日々ではありますね。ゆとりは、私にとって暇があるということかな。
 2.本や新聞を読み、日記を付ける人
新聞は取っていないし、本も最近はご無沙汰、日記は成功した事がなく、メモだけはつけるようにしていますが。
 3手足を良く使う人
これはジムに通いだしてから励行していますね。
 4.人の世話をする人(クラス会、仲人、グループ)
なるだけ避けたいと思っています。
  5.ハイカラさん
これは「年甲斐もなく」頑張っています。
 6酒をたしなみ、歌を歌う等陽気な人
お酒も歌もほとんど付き合いのみ。でも嫌いではありません。
 7.友人が多く付き合いの良い人
自分ではそう思っているけど、どうでしょうね。
 8.趣味が多く スポーツを好み 続ける人
趣味は多くはなく、偏っています。スポーツはもともと苦手。
 9.奉仕の精神旺盛な人
これは全くないですね。
 10.異性に関心を持ち続ける人
異性同性どちらにも関心があります。

ひいき目にみて4個かな。


ひまじんさんの「ぼけない音頭」は
1番は全くその通り。何もしないでぼんやりとテレビばかりを見ています。
2番は仲間はずれとは思わないけれど、一人暮らしだから一人でいる時間は長いです。
3酒とタバコは飲むうちに入らないし、人のあらを探すのは大好きだから、ばっちり該当してますね。
4輪投げ、グランドゴルフはやった事がないし、からおけも年2回の同窓会の帰りに行く事がある、という程度。
5風邪など病気はしょうがないし、足腰は今は少しはやっているけれど、頭は昔からさっぱり。12時前に寝る事はめったにない宵っ張りです。
6年をとっても恋を忘れてはいけませんね。肝に銘じます。

ボケる条件のほとんどすべてに該当してしまう、という悲惨な結果です。

というわけで、合わせてやっと3割くらいの勝率です。そういう自己確認と反省をするためにも、この二つの投稿は効果がありましたね、のりちゃん、ひまじんさん、ありがとう!


 

ボケない小唄

 投稿者:ひまじん  投稿日:2017年 6月18日(日)16時04分57秒
返信・引用
  昨日ボランティアをしている高齢者施設のあかね苑というところで毎年恒例の「あじさい祭り」を行いました。
40人弱の高齢者の方たちが参加され、楽しくお食事をしておしゃべりをして、歌を歌い、ビンゴゲームをして
2時間過ごしました。

そこで最後にいつもみんなで歌う歌が「ボケない小唄」なのです。

noriさんの「ぼけない人 10か条について書かれた物」というのを読んで、この歌の歌詞を載せてみました。

 ボケない小唄(お座敷小唄調で)

   1. なにもしないで ボンヤリと

      テレビばかりを 見ていると

      のんきなようでも 年をとり

      十年はやく ボケますよ

   2. 仲間はずれで ただ一人

      何もやること ない人は

      夢も希望も 逃げてゆき

      年もとらずに ボケますよ

   3. 酒もタバコも のまないで

      唄もおどりも やらないで

      人のアラなど さがす人

      ひとの三倍 ボケますよ

   4. わなげ カラオケ グランドゴルフ

      趣味のない人 味もない

      異性に関心 持たぬ人

      友達ない人 ボケますよ

   5. カゼをひかずに よく食べて

      足腰きたえて 早寝して

      頭使って おしゃれして

      根性持たなきゃ ボケますよ

   6. 年をとっても 白髪でも

      しわがふえても 若い気で

      恋を忘れた ヤボな人

      色気出さなきゃ ボケますよ 
 

お大事に・・・

 投稿者:nori  投稿日:2017年 6月18日(日)10時45分22秒
返信・引用 編集済
  昨日は月例のMB会 成績の発表は差し控えますが、私も大分罰金を払いました。
MB会はおしゃべりも楽しくて 色々な話題が出ました。今回は会長も出席でしたので シモネッタの話も有りましたが、最近こちらも免疫が出来てきて少々の話には驚きません。
友人の体調なども伺いましたが 矢張り腰や膝などに障害が出ておられる方が多いようです。ご無理なくお大事になさって下さい。凡人さんのように近況報告をして頂ければ・・・と思います

昨日「ぼけない人 10か条について書かれた物を頂きました。
1.常に感謝し ゆとりのある人 2.本や新聞を読み、日記を付ける人  3手足を良く使う人 4.人の世話をする人(クラス会、仲人、グループ)※仲人の機会は少なくなったでしょうね  5.ハイカラさん ※懐かしい単語です 6酒をたしなみ、歌を歌う等陽気な人  7.友人が多く付き合いの良い人  8.趣味が多く スポーツを好み 続ける人 9.奉仕の精神旺盛な人  10.異性に関心を持ち続ける人 ※どんな関心でしょうね、表現を間違えば大変な事になる? この条件でしたら多分MB会の皆さんは大丈夫そうです。
 

新規補充

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 6月18日(日)09時34分33秒
返信・引用 編集済
  4月末採集のジャコウアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウを補充。
右列上から4頭はジャコウアゲハ(4番目はジャコウアゲハの♀)
右から二列はモンシロチョウなど。
 

Tigersさん お久しぶり

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 6月16日(金)21時51分32秒
返信・引用
  Tigers さん、お元気のようで、何よりです。兄の食道癌の時は色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました。兄は冊子などを読ませていただいても、「俺はあんなに偉くない」と開き直っていましたが、まだ細々とですが仕事は続けています。

口でいうのは簡単だけど、苦境にあって前向きに生きることはなかなか大変です。でもTigersさんのような先輩を励みにして、なんとか頑張りたいですね。凡人さんも是非そうなさってください。
 

凡人さ~ん

 投稿者:Tigers  投稿日:2017年 6月16日(金)15時30分21秒
返信・引用
  凡人さ~ん
久しぶりに掲示板拝見、年取ってくると何やかやと出てくるものですね。
私も3度の癌を経験し数回〝斜光”にも投稿しましたが、今は食道がんの後遺症が残るのみで普通の生活の戻っています。
この辛かった癌「ガン惨(3)冠王」・・・3冠王ではなく惨冠王です・・・と題してボランティアで講演しています。目的は同じ悩みを抱えている人たちへ生きる希望をもってもらうためと、癌の早期発見を進めるためです。
この公演結構人気があります、この資料何かの参考になるかもわかりません、もしよろしかったら送りますので下記まで連絡ください、メールか封書で送ります。
   kuriyama@pc.zaq.jp
 

イチジクは楽しみですね

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 6月15日(木)22時06分28秒
返信・引用
  何と言っても食べられる物は楽しみですね。特に果物は甘くておいしい。私はいちじくはとても好きですが、店で買うと結構高く、その上あまり美味しくありません。木で完熟した物が一番美味しいですよね。子供のころ住んでいた田舎は、ぐみ、柿、桃、栗、いちじく、びわ、などいろんな種類の果物の木があり、食べ放題でしたね。とくにびわやいちじくは今買う物より、うんと甘かった!夏みかんもあったけど、これは本当にすっぱかった!

我が家のベランダのミニトマトは大分色づいて、そろそろ食べられるかな。今日取りの鳴き声がするので窓から覗いてみるとヒヨドリらしき小鳥が来ていましたが、トマトは無事でした。きゅうりは何故か大きく育ったのは2個だけ。後は小さいまま枯れてしまいます。えんどう豆はもったいなくてそのままにしてあるので、中の豆が大分大きくなりました。食べることより、大きく育ってくれるのを見る楽しみが大きいです。

 

ラベンダーは終わり、イチジクが生まれました

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 6月14日(水)18時29分17秒
返信・引用 編集済
  ウチのテラスのラベンダーは丁度1月半で終わろうとしています。今日は殆ど終わった半分の花を収穫し、ラベンダーの香りを楽しむ乾燥花にしました。これを部屋に置いているだけでとても良い香りに満たされます。ラベンダーの香りは、脳の働きを促進するとか。脳の回転が最近スローになった私には良い機会です。ラベンダーの花の香りをたくさん嗅いで、若返りましょう。

そして、そのお隣には1月半前に植えたイチジクの木に、赤ちゃんが生まれています。写真をご覧ください。丸い坊主の赤ちゃんが毎日大きく成長しています。
なんとタイミング良く生まれたものです。ベルギーの娘に男の孫が生まれて、これ又丁度1月半になります。だから、孫とイチジクが競って大きく育っています。

とても楽しみです。
 

蝶の補修

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 6月14日(水)09時20分18秒
返信・引用 編集済
  昨年赤城で捕獲したウスバシロチョウ・・・左後翅血欠損しかなり傷んだ個体。
左後翅を美濃和紙に描いて着彩し乾燥後切り出してボンドで接着。
接合部分がずれたが・・・。
欠損部分の補修のトレーニングとしてはまずまず。
 

花菖蒲今が盛り。

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 6月13日(火)11時52分41秒
返信・引用
  今日の関東地方は朝から雨です。涼しくて良いですけど、梅雨入りでしょうかね。

幸い昨日はとても良く晴れたので、早速再び明治神宮御苑へ。水彩画材ショッピングカートに詰め込んでスケッチに行きました。流石に人出が多くて、場所を取るのが大変でした。そんな事は言っていられません。皆がぞろぞろ通るわきでスケッチをして来ました。私が座っている場所は絵になる場所とい言う訳でしょうか、人だかりが出来て、押すな押すなの大盛況でした。人から見られながら絵を描くのはかなりストレスを感じます。

失敗すると、なあ~ンだ、これぽっちの絵しか描けないのかと思われそうで、、、でも、これも経験ですね。度胸が居るものですから、何度かやる内になれるかもしれません。

若い人なら仕方がないと言うのでしょうが、この歳になって、色々画材を持っている爺さんが、下手な絵を描いていると「この人あの歳になるまで何をして来たんだろう」と言われそうです。

そんな事お構いなしに、描く人の勝手でしょう。描く人は楽しめば良い訳で、売るわけでもないので、昨日は結構楽しめましたよ。

「まあ、綺麗!ちょっとちょっと、見て~」と後ろでガヤガヤ言っているのを聞くのはまんざらでもありませんでした。

実はスケッチはいまいちでしたけど、僕のパナマハット姿が気に入ってくれたのかもしれません。そう解釈すれば人生はバラ色。いや花菖蒲色ですね~。
 

我が家のベランダと近況

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 6月 9日(金)21時44分31秒
返信・引用 編集済
  新風児さんのラベンダーほどではないですが、うちのベランダにも結構あれこれ植えて楽しんでいます。水仙やチューリップ、ヒアシンス、フリージアなどの球根を来年用に掘り出した後に、ケイトウなどの夏に強い花を植え、もちろんゴーヤも2本西陽よけに、同時期にきゅうり、ミニトマト、普通のトマト、オクラ、えんどう、を植えたのですが、ミニトマトは今日はじめて4個収穫し、お絵描きのお弁当に入れ、新風児さんにも一個おすそ分けしました。きゅうりは2、3日後に収穫できそうなのが2本、朝取りのきゅうりは本当に美味しいです。オクラは失敗、多分ゴーヤと一緒のプランターに植えたのが相性が悪かったのでしょう。花を一個付け、実が一個。えんどうは花が可愛いからそれで十分と思ったけれど、健気に実を6個つけてくれました。まだ花が幾つか咲いているので、収穫は増えるでしょう。去年はミニトマトを全部鳥に食べられ、きゅうりもあちこちかじられたので、今年は早めに対策をねっています。収穫量から思うと、全くの「趣味の園芸」ですが、とても楽しいです。

ただ、屋根のないベランダなので夏は1日3回くらい水やりをしないと枯れてしまいます。ベランダに蛇口がないので、小さいジョウロで何往復もするけど、これもよい運動でしょう。帽子と長袖シャツじゃないと日射病になりそう。

今朝はボクササイズのクラスに出ました。最初のストレッチが15分くらい。それからステップの練習、実際に打ち合うのは3分が2回。でもその3分で汗びっしょりでくたくた。でもその後はとてもすっきりした気分です。
 

カナダ

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 6月 9日(金)18時50分54秒
返信・引用
  A5・ハネミューレ200g・鉛筆・透明水彩。
カナダ、バンクーバー郊外。
 

ホソオチョウ

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 6月 5日(月)13時35分35秒
返信・引用
  黒いほうが♀。
発生場所風景と略図。
上流はアケボノゾウ全身化石発掘現場。
 

いずれがアヤメかカキツバタ?

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 6月 3日(土)23時06分52秒
返信・引用
  私にはどれがアヤメかカキツバタ、菖蒲に花しょうぶ?葉っぱも花も良く似ているのでどれがどれだか分かりません。
先日明治神宮御苑の花しょうぶ園に行ってスケッチをしてきました。まだちょっと早過ぎて、開花しているのはほんのわずかでしたが、それでも結構綺麗な菖蒲園でした。
アヤメは乾いた土地に生える花で、カキツバタやハナショウブは湿地に生えるものだそうです。御苑の看板にそう書いてありました。なるほどそう言われればそうですね。そこにあったのは花しょうぶでしたので、棚田が作られてあって、綺麗にまっすぐ上に向いて生えて居ました。そのうち大雨が降り出して、大急ぎで茅葺のいおり、と言うかお休みどころでしばらく雨宿りしました。茅葺だったか藁葺きだったかはよく覚えて居ませんが、その様なところで雨宿りをしたのは久し振りでした。一滴も雨漏りをしないのには感心したものでした。

都心にあって、この御苑の中に入ると街の中にいることはすっかり忘れられます。ビルの姿も見えずにすっかり良い気分でした。
 

ラベンダーの輝き。今たけなわ!

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 6月 3日(土)00時32分27秒
返信・引用 編集済
  またラベンダーの投稿ですが、今年はこれが最後です。今、今年最後の輝きを放っています。

去年このラベンダーの4株と会った時から、凄いと思っただけの事はありました。プロヴァンスのラベンダーとまでは行きませんが、日本ででも、これほど逞しく育つことが証明できたのが何よりも嬉しいことでした。
1mほどの背の高い植木鉢はラベンダーには必要無いと思いますが、7階のテラスは時々、今日みたいな大風が吹き荒れますので、ちょっと油断すると乾燥しすぎて枯らしてしまいます。土の量は植物の生命保険のようなもの。大きなものに越した事はありません。そして、背の高い植木鉢の上にこんもりとラベンダーの花束ができて見栄えも良いです。

この月曜日には、一緒にプロヴァンスのラベンダーを見に行ったカップルを招待しました。見事に咲いたラベンダーを囲み、フランスワインを飲んで、お花見パーティーと洒落ました。桜の下でのお花見のような盛大さはありませんでしたが、ラベンダーのお花見も、思い出が沢山あるだけに、大いに楽しみました。
 

「6月のMB会ご案内」&「喜寿同窓会」

 投稿者:秋月 孝介  投稿日:2017年 6月 1日(木)18時48分16秒
返信・引用
    本日より6月となりました。
 言い古された事ですが「月日が経つのは早いもの」です。

 先月のMB会で紹介しましたが、要望を受け名古屋地区同期生で検討
  してくれていた「佐高11期生の喜寿同窓会(全国大会)」が
 来年実施という事で正式決定されました。概略は以下の通りです。
  ・時期:2018年10月
  ・場所:名古屋(候補:駅近くのキャッスル・プラザホテル)
  ・翌日イベント:有り
 「月日が経つのは早いもの」ですので、全国大会としては最後の同窓会
 になるかも知れない上記「喜寿同窓会」には是非参加致しましょう。

 本日は6月MB会のご案内です。
  下記日程で実施致します。
  皆様の参加をお待ち致します。

 参加可否を田村嬢か秋月までお知らせ願います。

6月日程;
1.日時;6月17日(土)11:00~
     (希望者は10;30~行います)

2.場所;田村嬢宅(新居、馬込駅より徒歩3分)
      新居への道順が判らない方は馬込駅より電話して下さい。




 

5月の日々の行動です・・・

 投稿者:旅人=M  投稿日:2017年 6月 1日(木)08時00分30秒
返信・引用
  好天の日が多かったからでしょうか・・・
1カ月が、いつもの月より早く感じました。

5月の日々の行動です。
1.独り朝食準備・・・・・・ 31 日
2.パソコン操作・・・・・・ 31 日
3.掲示板書き込み・・・・・  9 日
4.図書館通い・・・・・・・ 25 日
5.散歩・ウォーキング・・・ 20 日
6.読書・・・・・・・・・・ 24 日

寝込んだりするようなこともなく、足腰は衰えた感じはしますが、順調です。
 

大発見

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 5月31日(水)20時56分7秒
返信・引用 編集済
  ここ入間川笹井ダムでこれを捕獲できるとは超蝶ラッキー。
その名は「ホソオチョウ」または「ホソオアゲハ」
ウスバアゲハ亜科、ホソオチョウ属、ホソオチョウ。1属1種。系統的に古い種類でギフチョウ、ウスバシロチョウなどと同じグループ(ウスバアゲハ亜科)に属す。
1978年日野市で発見された。39年前。当然蝶類図鑑には記載されてない。
しかしこの蝶は東京・神奈川・埼玉・岡山などで局所的に繁殖するが個体数は多くないようだ。
もともと日本には生息せず。ロシア沿海州、中国で生息、せいぜい朝鮮半島までの分布域であったもの。
1970年初めころ人為的に放蝶されたものとされている。
食草はウマノスズクサ。ジャコウアゲハとの競争関係にある。
ジャコウアゲハ採集時の思わぬ収穫。♂二頭、いずれも欠損部分はなく完全個体である。

足腰弱っても歩けば幸運にめぐり合う。
Today is happy day for me.
 

今月の本

 投稿者:月刊読書人  投稿日:2017年 5月31日(水)18時57分49秒
返信・引用 編集済
  大分前の話ではあるが、図書館で「anan」という女性向けの雑誌を見たことがある。この雑誌の中に岩井志麻子さんの「オトコ上手」という連載のエッセイが載っていた。短い文章だったので、なんとなく読んでみたらこれが結構面白かった。
最近、やはり図書館で、なにか肩の凝らないさーっと読めるような手軽な本はないかと思って、あっちこっちの本をめくっていたら岩井志麻子さんの作家コーナーで、「オトコ・ウォーズ」という本を見つけた。上記のことを思い出し、この書を立ち読みしたら、上記のananで連載していた「オトコ上手」という岩井志麻子さんのエッセイを「オトコ・ウオーズ」というタイトルに代えて編集したものだった。

毎月末の本の紹介では「硬派の本に偏っている」という批判もあるみたいだから、今月は、このとびっきり軟派で、どこまでもドスケベで、50代女性作家の果てしない愛と欲望の戯れの記を紹介しましょう。

オトコ・ウォーズ    岩井志麻子 著(マガジンハウス)

アンアン連載「オトコ上手」の100回分を1冊にまとめたエッセイ集である。ちなみに「オトコ上手」というのは「お床」と「男」をかけてある言葉である。
それにしても志麻子さんの男環境は凄いの一語に尽きる。まず韓国に内縁の夫、ベトナムには愛人、月の半分を内縁の夫のいる韓国、残りの半分をベトナムの愛人の間を行き来しつつ、後半では第三のオトコ(歌舞伎町のホストクラブで仕事している中国人の美男子)も登場する。3人とも20代の若者だ。
また第四の男といっていいのかわからないが、anan編集部の「童貞N西くん」。セックスの関係はないみたいであるが、志麻子さんがヤキをいれたり、同意を求めたりするうえで、なくてならない男である。

本書は「童貞N西くん」を除く3人の若者たちとの果てしない愛と欲望の記とも言えるが、すべてが助べえの記ではない。なかにはかなり深い内容のある出来事もある。笑って、驚いて、感心して、しかもちょっぴり泣きたくなるような表現もあるのだ。

それに、外国と日本を往復しての愛人生活を通して元旦那や息子との過去を振り返りつつも止められない自分の性衝動を少し自嘲気味にオープンにしてしまう大胆さにただただすごいと思う反面、なにかどこかで作者の寂しげな影を漂わす感情や場面もある。

一番面白かったのは、ベトナム人のV君。彼の末の弟に、「お金持ちの国の彼女」ができたらしい。それを聞いたシマコさん、金持ちだから交際するだなんて「不純だ」と「己を棚に上げて」説教したところ、「純愛だよ。だってその女は、ものすごいブスなんだよ。でも、弟はそれでいいと言ってる。弟のこれまでの恋人はみんな美人だった」、と……。「ブス」という障害を乗り越えた愛=純愛……。新しい論理。

そして追い討ちをかけるように、さらなる驚愕の論理が。V君のたくさんいる弟のうちの2人は、未婚で子持ち、無職で無収入、ヤクで捕まり現在刑務所在住。ところがもうすぐシャバに戻って来るということで、金持ちの日本人女を結婚相手として紹介してあげて欲しい、とシマコさんに頼んできたV君。さすがのシマコさんも、そんな男と結婚したい日本人女がいるかよ!と仰った。するとそのV君「シマコはすごく夢がないよ。打算的だよ」。シマコさん「日本人女と一緒になれば金持ちに。って、これは打算じゃないの!?」。V君「それは夢だよ」。……打算と夢との違いって、何?
なんていうエピソードも(?)面白い。

ヴェトナムの愛人、V君に比べたら、韓国の内縁の夫は若いくせにどこか哲学的な青年である。この人物との間にも色々な面白い逸話があるが、「読んでお楽しみ」といったところ。

本書の前書きで志麻子さんが、「私以上にエグいオッサンぞろいと評判だったanan担当編集者陣に、新たに加わったのが、まあなんとも私のオッサン心をくすぐってやまないくらいかわいらしいanan青年だったのである。さっそく私は彼に「童貞N西くん」なる呼び名をつけてやったわ・・・・」と述べている。
その「童貞N西くん」の文章が「あとがき」の形で載っているので、最後に紹介しよう。

「拝啓 岩井志麻子様
 Ananの連載で岩井さんの担当につかせていただいてから、早いもので3年が過ぎました。
振り返るまでもなく、岩井さんのエネルギッシュな男性関係―アジアを股にかける豪傑ぶりに、担当者としては感心するやら驚くやら、・・・ちょっぴり呆れるやらの日々でした。エッセイにも相当たまげたエピソードが並びますが、正直紙面に載せられないくらいハードな内容も多くて“自己規制”も何度かありましたね。
毎週のように韓国へ、ベトナムへ、中国へと出かけ、国内にもかわいい愛人を作った岩井さん、なかなかできることではないです。よく「ananのために体を張っている」とおっしゃってましたが、それは違うかもしれません。たとえ連載がなくても、たとえ私が必死に止めようとも、たとえ作家でなかったとしても、きっとかわらず“夜の外交官”として活躍されていたことでしょう。
言われるまでもないでしょうけど、やっぱり岩井さんは誰よりもオトコが大好きなんです。愛も欲も好奇心もいっぱいなんです。それは人間としてとてもとても正しいことのような気がします。生意気でしょうか?
ともかく、これからもいちばん最初の読者として、愛あるエッセイを楽しませてもらいます。愛人たちのことばかりでなく、時々は「なあ、童貞N西よ」と呼び掛けてくださいませ。唐突でいいので。


 

お互い 気をつけましょう

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月30日(火)22時04分57秒
返信・引用 編集済
  鳥星さん とんだ災難でしたね。ちょっとした事でつまずき易くなりました。ちょっとでも寝込むと筋肉が落ちますから、お互い気をつけましょう。どうぞお大事に為さって下さい。

「入院している親が誤嚥すると辛そうで可哀想・・」という言葉を聞いた事がありますが・・今の私の歳でも誤嚥すると息が出来なくなるようで 辛いですものね・・。

凡人さん 本当に大変だと思いますが頑張って下さい。

知人で『マギーズ東京」という所に携わっている人がいて、何かあったら連絡してみて・・と言ってパンフレットを貰っていました。私も余り詳しくは内容が判らないのですが、知人のご主人が癌になられたのですが、こちらの精神的なケアーを受けられて入院なさらないで自宅で最後まで過ごされたそうです。

皆様にとっても何かお役に立つこともあるかもしれませんのでお知らせしますが
(自分でもよく知らないのに記載していいかどうかと思いましたが、ご参考までと思って下さい)

マギーズ東京  所在地 江東区豊洲6丁目4番18    TEL.03-3520-9913
        センター長 秋山正子          http://maggiestokyo.org/

新風児さん ラベンダーの良い香り いいですね。丹精された甲斐がありましたねー。




 

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 5月30日(火)20時00分26秒
返信・引用 編集済
  両肩から指先までのしびれ・・・頸椎上椎間の圧迫によるものと判明・・・あちこち塩梅悪いです。
おまけに川原で転んで左足ふくらはぎを痛めて満足に歩けない状態が10日以上続いています。
川原ではツマキチョウとジャコウアゲハを捕獲中の出来事でした。
・・・今朝は庭の散水蛇口にオオミズアオが給水にきてました・・・猫額庭でも珍客が・・・。
 

励ましに感謝

 投稿者:凡人  投稿日:2017年 5月30日(火)17時39分21秒
返信・引用 編集済
  新風児さん、noriさん、o-chanさん、励ましの言葉・・ありがとう御座います。

実は、2年前にも肺塞栓症で入院してましたし、今日の検査で甲状腺にも異常が見つかりました。
高度先進の検査などのたびに新しい部位に異常が見つかり、自分でも驚いています。
これで肺・心臓・消化器(胃・食道)・甲状腺が侵されたことになります。

この先、何回も検査の予定ですが、また別の部位に新しい異常が見つかっても不思議ではありません。
身体中に異常をきたしてガタガタの状態になってます。これから何回も入退院を繰り返して手術
する予定ですし、術後の抗がん剤などの投与も待っているでしょう。

ですが、すでに「天命を待つ」覚悟が出来てるせいか、気持ちは不思議に落ち着いてて、前向きに
病気と闘うつもりです。(自分なりに、少しは希望を持てると思ってるせいか・・・)
せめて精神的に参ることが無いように気持ちを強く持ちたいですね!

このような個人的な少し深刻な話を投稿するのは、どんなものなのか迷いましたが、自分だけで抱え込んでも
良いことは無いと思い大変失礼ながら再度、投稿させていただきます。ご容赦ください!!

?
 

来るものが来た!の凡人さんへ

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 5月30日(火)11時19分38秒
返信・引用
  ご自分がこのような状況になられて、その心境を投稿して下さり、本当に勇気のある方だと思います。もうすでに体験なさった方も、凡人さんと同じに今その只中にいらっしゃる方も、また新風児さんのように持病を抱えて来るものへの心と体の準備をなさっている方も、私の様に、ちょっとの体調不良でもすぐ悪い方へと気持ちが向いてしまう人も、その形は様々でしょうが、どんな人にも「来るもの」は来ます。

そしてその中身如何にかかわらず、どう向き合うかが自分にとっても周囲にとっても、とても大事だろうな、と思いました。一言でいうと「前向き」でしょうか。これは病気があるなしに関わらず、年寄りにとってこの先どう生きるかへの答えでしょう。言うは易し、の言葉ですが、特にこの様な難しい現状で実践していらっしゃる方々の話しを見聞きすると、とても感動し、励みにも思います。

これからの長い闘病の日々を思うと、周囲が口でいうのはおこがましいですが、どうぞ「病は気から」を逆手にとって「前向き」に病気と関わり、一日も早く治癒なさることをお祈りします。
そして、よかったらまたここに書いてください。
 

ラベンダーの花が咲き始めました

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 5月28日(日)00時54分52秒
返信・引用 編集済
  テラスで大事に越冬させたラベンダーの花が咲はじめました。
未だ7分咲きですが、良い香りを漂わせています。今日の夕方は風が結構強かったので、香りは飛んでしまいましたが、風さえなければ、暗くなればテラスはラベンダーの香りで一杯になります。

去年植えた時から逞しいラベンダーでしたので大事に育てた甲斐がありました。4株中3株が生き残り、植木鉢一杯になっています。
 

お大事になさって下さい

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月26日(金)22時36分36秒
返信・引用
  凡人さん 狭心症と不整脈の手術を為さったとの事大変だったですね。経過はよろしいですか?胃癌も見つかったとの事ですが、吃驚なさった事でしょう、でも考えようでは 早めに見つかって良かったのではないでしょうか。酒も煙草も為さらず、スポーツもしておられて、健康そのものだったとの事ですのに そんな人にもこんな事が起こるのですね。どうぞお大事に為さって下さい。これからの手術も上手く行きますように・・・。

知り合いの人の話ですが急に痩せて来て 会うたびにげっそりと痩せてこられて 癌かと思ったのですが、癌ではないというし 食欲もあるという事で なんだろう と思いつつ 彼女は狭心症の薬を飲み続けて2年半、遂に息切れがして倒れんばかりになって 救急病院に連れて行かれて、検査をして貰った所、何と狭心症ではなくて甲状腺の病気だったとの事で 甲状腺で有名な病院に直ぐ入院して退院された時は6KGも太って元気になっていて、会う度に命拾いしたわねーと喜びあっていますけど、狭心症と診断した病院は広尾の日赤病院ですから 大病院といえども安心は出来ないですし、一つの病院を信頼するのも考えなければ・・・と思ったことでした。
 

凡人さんへ

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 5月26日(金)21時23分46秒
返信・引用
  凡人さん、この歳になると、いろいろ出てくるものですね~。

凡人さんは、これまでスポーツをしてきて、体を鍛えられているので、手術にも耐えられるので幸いなことです。
体を鍛えていることは自分を守ることにつながり、手術が終われば元の元気を取り戻せます。

私などは、鍛えてこなかったので、何かあると、すぐダメです。ただ、2週間おきに検診を受けているので、何か異常があれば比較的早い段階に対策が取れるので今の所、なんとかことの無きをつづけています。それとて、ある日突然来るものが来た!ということになるかも知れません。

いくら飛行機が安全だと言っても、事故は起きるし、テロに巻き込まれる事もあります。
飲んだり食べたりする事も、いくら気をつけていても、くるときは来ますね。事故も同じですね。こちらが気をつけていても、相手の車が衝突してくるかも知れません。それが人生というものでしょうか。

それが来るまで元気に楽しく過ごしたら、それで良しとしましょう。これまで75年間楽しんで来たから、文句は言えません。
それに、医療の進歩はめざましいものがあります。不治の病とされていた潰瘍性大腸炎ですら、ここに来て、治療法が出て来たのです。ガンとて、昔は死の宣告みたいなものでしたが、今は違います。悪いところを取り除けば、大丈夫です。現に、そのような人は周囲にたくさんいます。頑張ってください。

1日も早く全快して、又、これまで通り元気に楽しくやりましょう! 
 

来るものが来た!

 投稿者:凡人  投稿日:2017年 5月26日(金)15時13分27秒
返信・引用
  今年になって何となく体調が優れない中、運動や生活習慣に気を付けて来たけど急遽・・入院手術をしました。

狭心症と不整脈の手術でした。

この心臓の画像診断の結果、思いもかけず胃がんも見つかり手術が必要になりましたが、
心臓と同時の手術が出来ないので、まずは命の危険性の高い心臓の処置が終わって後に胃がんの手術をすることになりました。

数か月後に再入院して胃がんの手術をして、さらにしばらく後に再度、心臓の手術の予定です。

私は日ごろから酒もタバコもやらず、運動も続けてきて人一倍健康には気を付けてきて体力には自信がありましたが、今はすなおに「とうとう来るものが来た」と受け止めています。

これからは「人事を尽くして天命を待つ」覚悟で病気と闘う覚悟が出来てるせいか、今は不思議と平静な心境でいます。

 わざわざ万華鏡に投稿する内容でも無いかもしれませんが、こんな同期生もいることをお知らせします。



?
 

今日は検診日でした・・・

 投稿者:旅人=M  投稿日:2017年 5月25日(木)14時46分32秒
返信・引用 編集済
  今日は、前立腺がん手術後の、定期検診日でした。

血液による、PSA(前立腺特異抗原)数値の増加傾向で、手術後の状況を判断します。

2015.12.17.   0.021
2016. 3.10.   0.022
      6. 9.   0.028
      9. 1.   0.051
     11.24.   0.076
2017. 2.22.   0.101
      5.25.   0.125

実感は湧きませんが、
『わずかずつ数値が上がっていますが、もう少し様子をみます』。
『数値が、0.2に近づいたら、放射線治療を考えましょう』。
・・・ということです。
前回にも言われたような気がします。年齢相応ということなのでしょうか・・・
 

「黒猫」

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 5月24日(水)17時44分45秒
返信・引用
  新風児さんが丁寧なお知らせを載せてくださり、読者も読んでみようと思われたのではないでしょうか。前回の50号は部数が足りなくなったので、MB会では売らなかったけれど、今回は是非買って読んでくださいね!

表紙の黒猫は娘の3匹の飼い猫の一匹で、名前はビリと言います。これはインド語らしいけど、意味は聞いてません。ほかの2匹はキジ猫で、これは全身真っ黒。でも娘に一番懐いているらしいです。ひまじんさんの作品、川柳で知ったのですが、新しい猫、虎太朗君が来たみたいです。これはトラタロウではなく、コタロウと読むらしいですよ。
 

同人「言の輪」51号、本日発刊のお知らせ

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 5月22日(月)20時55分40秒
返信・引用 編集済
  皆様、「言の輪」51号が本日発刊されました。

武藤さん担当、51号のタイトルは「謎」タイトルを探し求めて図書館に何度も足を運んだ末に、  迷わずコレッ!と探し当てたのだそうです。さすがに武藤さんの努力が報われた一瞬でしたね。とても良いタイトルだと思います。

武藤さんは、前書きに続いて、随想文習作「老いの立志式」
筒井さんは「牡丹」
鵜木さんは 「高校2年の夏休みに住み込みアルバイト」
熊本さんは 「明治天皇西国巡行記録秘文「維新の声」続編
イマジンさんは 高齢者の安全衛生管理について
秋さんは    新・積み残しの記(30)三字語で世相を観る 耳・鼻・口(2)
田村さんは 人と混人 第6回亜風呂の巻 その2
北島さんは パロデイ:安倍劇場(その2)
櫻井は   「新・誰も書かなかったインド」最終編

その他多数の方々からの投稿でCreative writing・和歌、俳句・川柳

等、今回も内容の濃い、盛り沢山の51号となりました。本日、発送もされましたので、予約された方々には間もなくお手元に届きます。ご期待下さい。

写真、表紙、

以上、櫻井記
 

スライドショウ

 投稿者:鳥星  投稿日:2017年 5月22日(月)03時29分56秒
返信・引用
  http://www.digibook.net/d/4e958f1b914b969437c28e77a8337a78/?m
画像はジャコウアゲハ。
蝶などいろいろデジブック。
 

喜寿

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月21日(日)16時07分21秒
返信・引用
  ひまじんさん イチジク枯れちゃって残念でしたね。又チャレンジされませんか?

昨日のMB会で『我々も来年は喜寿だから、最後の全国合同の同窓会を・・」という声が上がっている というような話題が出ました。候補地もあるようですが、まだ煙が立った位のお話のようです。我々も来年は 確かに 七十七歳 喜寿ですねー。早いー!! 
 

イチジク

 投稿者:ひまじん  投稿日:2017年 5月21日(日)13時21分35秒
返信・引用
  我が家も10年位前に苗木を買ってきて植えました。

暫くすると一つ二つと実がなりとても嬉しかったです。

それからは毎年ビックリするぐらい実がなり、ご近所にもおすそ分けしたぐらいです。

5年ぐらい前に木が枯れだして切ってしまいました。
 

キョウヨウ

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月21日(日)12時00分38秒
返信・引用 編集済
  先日 ある同期の集まりで「我々はこれからはキョウヨウが必要です」という言葉を聞きました
教養?ねー。と思っていましたら 『今日は用が有る」という事で 何か用をつくる事が元気の源だという深い意味でした。昨日はMB会でしたけど、さて今日は 掃除、洗濯 スーパーへの買出しかな?

先日話題となったイチジク(無花果、映日果)ですが 調べてみると 身体によい不老長寿の果物のようですね。整腸作用が有って干したものは緩下剤としてもよいようです。原産国はアラビア南部で 日本には江戸時代の初め頃 ペルシャ(トルコ)から中国を経て 長崎に伝わり日本に広く伝わったようです。母はとても好きでしたけど 私は食した事がなかったのですが少し興味が湧きました。
アメリカ・カリフォルニアでは毎年8月に「Fig Fest.」というイチジクのフェスティバルもあるそうですが、日本でも尾張地方の一地域で夏至にイチジクの田楽を食べる風習があるとのこと。どんな田楽なのでしょうか?
 
 

ナンカ、モゾモゾ・・

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月19日(金)21時22分13秒
返信・引用 編集済
  吟遊視人さん、おさわり好きな方が 『お互い気持ちがいいのだから・・」と仰っているとすれば それは誤解です。何かモゾモゾしているわー、というのが大方の感想だと思います。それにしても彼の触り方は自然ですねー。あれは天性のものですね。時々他の人も真似てチャレンジしていますが、どうもぎこちないですね。福祉活動と言えるかどうかは疑問ですが、怒り出す人もいないですね。

間違っても電車の中でしないようにしないと、聞いた話ですが、電車の中で痴漢呼ばわりされたら絶対に逃れられないそうですネ。逃げるしかないそうで、最近逃げた人が電車に引かれる等の事故が多発しているそうです。

新風児さんのお宅のテラスも賑わっているようですし、旅人さんのお宅の甘夏みかんも何だかこちらも甘酸っぱいお裾分けを頂いたようです。佐賀の実家でも母がイチジクを好きで木が1本有りましたけど、結構大きくなっていました。毎日2,3個熟したものを取っていたようです。外国でも食しますね。乾燥したものは外国でもよく見かけます。

 

第31回 日洋展のご案内

 投稿者:同人α総務  投稿日:2017年 5月19日(金)21時05分2秒
返信・引用 編集済
  ニューロン・カフェアートギャラリー#A-01眞崎太仁子さん所属日洋会主宰の
第31回「日洋展」が開催されます。

会期  五月三十一日(水)から六月一二日(月) 休館日6月6日(火)
時間  午前十時から午後六時(最終日は午後三時閉会)
    入場は午後五時三十分まで(最終日は午後二時三十分まで)
会場  国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2 展示室 2A、2B、3A、3B
講演会 一部 「塗師祥一郎の残した物」
    二部 「これからの日洋展」
    五月三十一日(水)午後三時半より国立新美術館講堂に於いて

※「伝言板」にも掲載
 

我が家は、”ミカン”です・・・

 投稿者:旅人=M  投稿日:2017年 5月19日(金)12時41分55秒
返信・引用
  我が家は、田舎の”一階平屋”建てです。
猫とライオンの中間くらいの、”額(ひたい)”の広さの空き地があります。
転勤で東京から引っ越してきて、40年ほどになります。
その時に植えた時は、50cmほどだった、”甘夏ミカン”の苗木が、今では見上げるほどです。
今年は150個ほどの実をつけました。

お隣りに、”お裾分け”したら、今度は、『ジャム』に成長して、里帰り(?)してきました。
我が家でも、ジャムを作りましたが、お隣りのジャムの方が、数段ランクが『上』でした。
ミカンはそのまま、オヤツ代わりにも連日食していますが、まだ残っています。
部屋の中もミカンの匂いがして、見ているだけで口の中が甘酸っぱくなります。

(今度も、大昔の話です)
鹿児島・指宿~池田湖を旅行した時の、バス・ガイドさんの『話』です。
指宿辺りでは、女の子が生まれると、『柘植(ツゲ)』の苗木を植えるという、習慣(ならわし)があって、その子が成長して、嫁いでゆくとき、その『柘植(ツゲ)』を切って、『櫛(くし)』を作り、持たせてやるということでした。
(こんな話は好きです)

我が家とは、全く関係ない話ですが、”眞子さま”のご婚約のニュースです。
お幸せな人生をお祝いしたいものですね。
 

老人の性

 投稿者:吟遊視人  投稿日:2017年 5月19日(金)10時48分57秒
返信・引用
  新風児さんのバルコニーにイチジクを植えたとのこと、写真でみても素敵ですね。イチジクと言えばベトナムやトルコでドライのイチジクの実をいっぱいお土産に買ったことがあります。
また植木などは、以前に住んでいたマンションのバルコニーが40M3と広かったので、50個ぐらいのプラントを置いて、様々な花々を観賞できたのですが、こんどのマンションはわずか畳一畳半ぐらいで、花々を飾るどころではないようです。

ところで先にのりちゃんから「表紙の絵」についての投稿がありました。私も75歳ですが。
たまたま昨夜の10時からNHKの「クローズアップ現代」で「高齢者だってセックス、言えない”性の悩み”」というのをやっていました。面白そうなので30分間見ましたが、期待したほどでもなかったですね。
表紙の絵は「恍惚」というテーマで描き始めましたが、女性のうっとりするような表情と男のギラギラする欲望を表現したかったものの、思うようにはいかなかったですね。やはり経験不足でしょうか。

そういえば歌人の故斉藤茂太さんが「人は死ぬまで助べえ―心を失うな」というようなことを言ったのを覚えています。スケベ―心から行為に及ぶのかしらないけれど、我々の高名な同期生で「おさわり」好きなお方がいらしゃいますね。彼の口癖は「へるもんじゃなし、お互い気持ちがいいのだから」と。確かに見方によれば、ある種の福祉活動かもしれませんね。

私の絵はさわっていそうな場所が、少々露骨すぎますが。
 

イチジクを植えました

 投稿者:新風児  投稿日:2017年 5月19日(金)01時02分9秒
返信・引用
  フェースブックの中に趣味のグループが有って、私は山野草と雑木を楽しむコミニティーに入っています。
やはり自分の趣味とか興味はそこにあるからです。春になったとたん書き込みがワンサカ花ざかりになりました。その中でイチジクの実がなったと喜んで書き込んだ人が居ましたが、それを見て私もこの機会に欲しいと思いました。ベルギーでは大きなイチジクの実がなる木を持っていたので楽しみでした。(写真1)

そこで車を飛ばしてホームセンターに行きましたがその時は1本しか残っていなく、葉っぱが手のひらの様に指の部分が分かれていない物でしたので、それは買いませんでした。そこで、大きな葉っぱでイチジクの実は赤紫になる大きなイチジクの苗木を注文したのです。

連休が明けて電話しましたらどうやら入荷したとの事。早速受け取りに行きました。養子の子供と初対面になる時と同じですね。どれくらいの背丈なのか。幹の大きさは、葉っぱの大きさとか枝ぶりとか、結構好みが有るんですよ。幸い私の気に入ったイチジクの苗木でしたので、一目ぼれでウチにつれて帰りました。幸いそのホームセンターにも私が好きな赤い素焼きの植木鉢。ベトナム製なのですが、私の大好きな赤土で出来た素焼きですで重さは凄く重く、運び込むのは大変でした。このベトナム製の植木鉢は既に2本別の植え木屋で買っていて、これで3つ目です。このイチジクは結構しっかりした幹で、葉っぱもこれから夏にかけて大きくなりそうです。実はまだ付いていませんがこれからが楽しみです。(写真2)

この前書き込んだラベンダーの花は、今では大きく育っていて、沢山のラベンダーの花のつぼみを付けています。満開は後2~3週間でしょうか、天気によるので何とも言えませんが、暖かくなったら直ぐに満開になるでしょう。もう既にラベンダーの良い香りでテラスを包んでいます。

いよいよウチのテラスはジャングルになって来ました。虫がつかないようにこれからは注意しなければなりません。
 

表紙の絵など・・

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月18日(木)21時16分31秒
返信・引用 編集済
  表紙の絵を描いた画家の年齢は何歳でしょうか?というクイズを出して正解できる人はいるでしょうか?75歳とは当てられないでしょうね。吟遊視人さんは若いですねー。皆さん若返るんじゃーないですか

母の日は長男のお嫁さんから甘い和菓子を貰いました。最近はカーネーションも鉢物で蕾が沢山ついているけど、開花するお花が少ないカーネーションもありますからね。でも どうしてカーネーションは不人気なんでしょうか?カーネーションでは芸が無い ということでしょうか?
 

残酷な(?)・・・ひと言・・・

 投稿者:旅人=M  投稿日:2017年 5月18日(木)14時27分3秒
返信・引用 編集済
  カミさんは、週に、1~2回ほど、仲間の人たちと、≪卓球≫を楽しんでいます。
その合間での≪会話≫です・・・

≪・・・母の日のプレゼントで、一番欲しくないものは何・・・?≫
という話題になったとか・・・

カミさんから、≪何だと思う・・・≫と聞かれたので、
いろいろ考えて・・・≪もしかしたら、着るもの・・・だとか・・・≫と答えたら、
・・・何と!、『カーネーション』、と言うことでした。

『エ~~~ッ!』
玄関先の、”安もの”カーネーションの鉢をみたら・・・小さな雨に濡れていました。
(泣くな! カーネーションよ・・・!)
驚いていいのか・・・笑っていいのか・・・

カミさんは、(チョッピリ慌てたのか)・・・≪私は、好きだけど・・・≫
とはつけ加えましたが・・・

(教訓)
慣れないことはするものじゃないですね・・・トホホ・・・

花屋さんにも、ひと言・・・
『今年の母の日は、〇〇〇〇の花ですよ』など・・・目先を変えてみるとか・・・
 

ミステリーのテレビ

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 5月17日(水)21時56分13秒
返信・引用
  私はミステリが大好きで、テレビもわざわざそのためのお金を出してミステリチャンネルを見ていますが、最近二つのミステリシリーズがとても面白いです。一つは皆様ご存知のアガサ・クリスティ、もう一つはフランスのジョルジョ・シムノンという人が書いた「メグレ警部」です。どちらもミステリの歴史上最高の作家ですが、なんとクリスティ物をフランスで、「メグレ」をイギリスで作ったテレビ番組です。

 フランス版はユーモアがありとてもしゃれていて、イギリス版のメグレは逆にとても重厚で、どちらもとても楽しめます。もちろん字幕付きです。
 

表紙の絵

 投稿者:吟遊視人  投稿日:2017年 5月17日(水)00時05分56秒
返信・引用
  O-chan、私の絵を採用してくれてありがとう。
一応この絵のテーマは「恍惚」ですが、まだまだそのテーマの域に達するまでには至っていません。表情がいまいちですね。

もっとも最初からこのテーマがあって描いたのではありません。大きいお尻を上にして両手を床についている裸婦を描いた絵があったのですが、出来栄えが良くなくて、前回残った絵具で全体を塗りつぶしたあとに、そのお尻の部分を男と女の顔にしてたら、なんとなくこんな表情やポーズになった次第です。
そのあとに、「恍惚」というテーマにして描いてみたわけですが、O-chanがかんがえてくれた「男と女」というタイトルがよかったかもしれませんね。

ただ新風児さんの透明感のある水彩画のあとに、こんな絵を飾るのは少々気がひけますが。
 

非常識な言葉ですね

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月16日(火)21時52分50秒
返信・引用 編集済
  ひまじんさんの中学1年生の時の先生の言葉は何と言ったら良いのか・・酷い言葉でしたねー。
一般の人だって非常識な言葉ですが、教育者ですからねー。酷い先生でしたね。

先にご紹介した動画の同じ父親が同じ息子に対するもう一つの動画の内容も酷いものでした。ターゲットの息子に父親がアイホンを止めろと強く言うのですが、子供が止めないので取り上げて,「この家は俺の家だ、お前は出て行け」などとも言うし、その子の兄がハンマーで取り上げたアイホンを壊すので、その子は泣き叫ぶんです。父親はほら、新しいアイホンを上げるよと子供に上げるんですが,その子は受け取らないのです。いくら動画でも酷い事をする親だと思いました。
 

忘れられない嫌なこと

 投稿者:ひまじん  投稿日:2017年 5月16日(火)08時39分53秒
返信・引用
  o-chanさんの話で思い出したのですが、私も中学1年の時に嫌な思いをしたことがありました。

書道や美術の時間に作品を提出すると、良い出来の作品は教室の後ろに貼りだされるのです。
たまたま私の作品が後ろに貼りだしてあるときに、書道の時間に提出期限が過ぎて出した作品を
授業中みんなの前で「期限内に提出していたら、後に貼ってある佐々木さん(私の旧姓です)のでなく
君のを貼りだしたのに」と言われたのです。
何も授業中にみんなの前で言わなくても、その人に言えばいいことで、何んという先生だろうと思い
その授業中いたたまれない気持ちでした。
正直に言ってほしくないことでした。
 

北島さんの最新作

 投稿者:o-chan  投稿日:2017年 5月15日(月)22時35分45秒
返信・引用
  題名を伺っていなかったので、とりあえず「男と女」という味も素っ気もない題をつけましたが、画家から教えてもらったら訂正しますね。

嘘つきの話ですが、振り返れば私も結構たくさん嘘をついて来た気がします。罪もない嘘を英語ではwhite lie というけれど、やっぱり黒は腹黒く、白は嘘でも汚れていないということでしょうか。

確かについ自分をよくみせたかったり、特に、相手を傷つけたり、嫌な思いをさせたくなかったりで、嘘をついてしまうことはありますよね。

嘘じゃなく、本当のこととなると、私は昔から自分の手料理を人に食べさせて楽しんでいましたが、どうやらその料理がひどくまずく、友達は正直に言えず、長い間我慢して食べていたみたいです。ある日、そう告白されて、やっぱりとてもショックでした。真実は知った方がお互いのためでしょうが、結構辛いことがありますね。

そうそう、誰とかさんは頭がよいけれど、あんたは頭が悪い、と言われたこともありますね。あんまり正直に言ってほしくない、嘘でよいからいっぱい褒めてもらいたいです。のりちゃんよりうんと例レベルの話でした。
 

偽ニュース,嘘ニュース

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月15日(月)21時58分12秒
返信・引用 編集済
  偽ニュース、嘘のニュースが蔓延し 許されたら この世の中何を信じたら良いのか判らなくなりますよね。偽ニュ-スを流した人、嘘を作った人は厳罰に処せられるべきだと思います。我々の子供時代は嘘をつく事を厳しく禁じられましたよね。閻魔様に舌を抜かれるとか・・。だから今でも人を傷つけるような軽率な嘘はつけません。  

fake news

 投稿者:nori  投稿日:2017年 5月15日(月)00時24分9秒
返信・引用 編集済
  私が観たTV.の内容をお話しますと、きょうのTV.に出ていた人はアメリカ人で、彼の自宅で取材されていたようでした。偽の記事を作って フェイスブックの様なネットで拡散するそうです。どういうからくりなのか 等具体的な事は話していませんでしたが、「何故やっているのだ」という質問には「文章を書くのが好きだから」と応えていました。「何故やるのか」と言う質問には 収入を得る為 その記事をシェアーする人があればその数に応じて収入が有るそうです。広告収入を得るのでしょうか・・

日本語にすると 検索した所 こんな答えがありました。「虚偽の情報でつくられたニュースのこと。主にネット上で発信・拡散されるうその記事を指すが、誹謗(ひぼう)・中傷を目的にした個人発信の投稿などを含む場合もある。2016年の英国・EU離脱の是非を問う国民投票、及び米国・大統領選の投票では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通して多くのフェイクニュースが拡散され、投票行動に大きな影響を与えたという批判が出た。」とありました。

このfake news で殺人まで起きているようですから 警戒しないといけない現象ですね。
この人の場合は6年やっていると言ってましたから 今回の大統領戦とは無関係かもしれません

別のニュースでしたけど こちらも外国人の動画で、フェイスブックのようなネットに動画を投稿する為に自分の息子を使って動画を作っているんですが その内容が酷くて 子供部屋の絨毯にペンキのようなものを流して、息子に『お前がやったんだろう」と父親がなじるんです。身に覚えの無い息子は泣いて自分ではないと弁解するんですが、父親は言葉汚く息子を追い詰めて小学校低学年位の息子は本当に怯えて泣き叫んでいると 突然母親も一緒に 嘘だよ、冗談だよ このペンキはふき取れるんだよ と笑い出すんです。子供が本当に可愛そうに感じました。この父親は同じ息子にたいして他にも酷い動画があるんですけど、どうしてこんな動画を作ったかという質問に「いいね」という反応が嬉しいからだと答えていました。酷い親もいるものです。このままだと 子供がどんな大人になるのだろうと 心配になりました。

 

レンタル掲示板
/167